ギャンブルは、依存症になりやすい人にとっては良くないことが研究によって多く証明されている一方、ギャンブルが実は健康に良いという研究結果もあります。ギャンブルには、無心にスロットをプレイするタイプから、スポーツを観戦して賭けをするタイプまで、さまざまなタイプがありますが、それらの活動が健康増進効果をもたらすということが数多く研究から分かっています。責任を持ってギャンブルをすることで、どのような健康上の利点があるのかをご紹介します。

幸福感の向上

行動学者は、レクリエーション用ギャンブルが人間の幸福感を刺激することを明らかにしました。ギャンブルの結果、脳のパフォーマンスが向上し、幸福につながったという研究結果があります。ギャンブルで幸福度が高くなり、うつ病の発症率が低くなることが判っています。

ギャンブルが楽しい活動であることは言うまでもありません。スポーツに賭けたり、カジノで遊んだりすることには楽しいことであり、これが脳を活性化させています。賭けをするとき、スロットを回すためにレバーを引くとき、結果がどうなるかワクワクし、幸福感が高まります。さらに、ゲームで勝てば、そのレベルはさらに上がり、脳がより活性化します。

ストレスの軽減

カジノゲームは、ストレスを軽減することにも役立ちます。ストレスは脳細胞を鈍らせるため、多くの人が精神的な衰えを感じています。さらに、ストレスが溜まっているときにカジノゲームをすると、ストレスのレベルが下がり、気分が良くなるという研究結果もあります。オンラインギャンブルの誕生により、ギャンブルは好きだけど人混みが苦手な人のストレスが大幅に軽減されたのも事実です。楽しい環境を作り、幸福感を高めることで、ストレスが抑制されます。

社会的な交流を増やす

カジノに行くことも、オンラインでギャンブルをすることも、社会的な交流を増やすことができます。人は帰属意識を維持するために社交を必要としますが、ギャンブルはそれをもたらします。多くの人がカジノで遊んでいるので、仕事のチャンスや人生の助けになるような新しい友人を見つけることができます。このように、ギャンブルがもたらす満足感によって、精神衛生が向上し、孤独感などの悩みやストレスが少なくなるのです。

記憶力を鍛える

ポーカープレイヤーは鋭い記憶力を持っているという研究結果があります。カジノゲームの中には、考えること、決断すること、そして集中することが必要な時があります。ゲームによっては、戦略を練り、集中する必要があり、このような活動により脳が活性化され、集中力が持続します。このように、カジノゲームは短期記憶を向上させ、認知症やアルツハイマー病のリスクを減少させます。